未分類

ニベアで顔のシミが消えるって本当?ニベアの効果を成分から徹底分析

投稿日:

SONY DSC

ニベアは定番のスキンケアクリームです。ニベアには、スクワランオイルやホホバオイルなど、肌の水分をしっかり保つための成分が含まれているので、スキンケアクリームとして長年愛用されています。

このニベアですが、「シミの対策」の為に購入する人も増えているようです。ニベアは非常に良質なクリームなので、「ひょっとしてシミにも効果があるかも」と期待する人も多いのでしょう。

でも、本当にシミに効果があるのでしょうか?ニベアクリームの成分内容から、ニベアがシミに効果があるかを徹底的に検証していきます。

ニベアは顔のシミに効果があるって本当?

スキンケアをする女性

結論からいえば、ニベアはシミには効果がありません。ニベアの成分には「保湿」「スキンケア」のための成分しか含まれておらず、シミを消すための有効成分が入っていないからです。

そもそもニベアの成分には、どんな効果があるの?

ニベアの成分を詳しく分析していきましょう。ニベア(青缶)の成分は以下のようになっています。

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、スクワラン、ホオバ油…これらは全て油の仲間です。肌を保護するためには油分で肌をコーティングする必要があります。ニベアは様々なタイプの油で、総合的に肌を保湿、保護するクリームなのです。

ただ、残念ながら、ニベアの主要成分の中に、医学的に「シミに効果がある」と認められた成分はありません。保湿クリームとして使うには非常に良いのですが、「シミを消す」ために使うと期待はずれに終わる可能性が高いです。

とはいえ、「ニベアで保湿」は大事!

では、「なぜニベアでシミが治った!」なんて言う人がいるのでしょうか?おそらく、ニベアでしっかり肌を保護することで、肌の新陳代謝が回復したのでしょう。

シミは肌の新陳代謝(ターンオーバー)に伴い、28日〜56日で剥がれ落ちます。なかなかシミが治らないのは、何らかの理由で、新陳代謝が乱れているからです。肌の乾燥は、肌の新陳代謝を乱す1つの原因です。

肌が乾燥してダメージを受けたままだと、シミも治りづらくなってしまいます。だから、ニベアクリームでしっかり保湿をして、肌を保護するのは、「間接的には」シミに効果があります。

「ニベアでシミが治った!」という方も、ニベアでスキンケアをしっかりした結果、シミの治りが早くなり、「治った!」と感じたのではないでしょうか。ニベアはシミに直接の効果はありませんが、ニベアでしっかり保湿するのもシミ対策には重要です。

ニベア以外で、シミに効果があるクリームってあるの?

じゃあ、ニベアクリーム以外でシミに効果がある製品ってあるの?と疑問に思いますよね。シミ対策で重要なのは、ビタミンCが配合されているかどうか」です。シミ対策でクリームを買う場合は「ビタミンCが配合されているかどうか」をチェックしましょう。

ビタミンCのシミへの効果って?

ビタミンCには、シミの原因となる「メラニン」をつくりだしている酵素(チロシナーゼ)の働きを邪魔する効果があります。結果、新しいシミができにくくなり、シミが消えていくのです。

10人の患者を対象に、12週間ビタミンCを配合したクリームを顔半分に塗り、もう半分には効果のないただのクリームを塗った研究では、ビタミンCクリームを塗った場所に有意に改善が見られました。(出展

市販のクリームでおすすめは?

ビタミンCは非常に不安定で、空気に触れると壊れやすく、ただ塗っただけでは何の意味もなくなってしまう場合があります。だから、「ただビタミンCを配合している」だけで選んではいけません。

オススメはロート製薬の「メラノCC」です。これはビタミンCを配合しているだけではなく、「肌に添付して空気に触れても壊れずに、肌に浸透していくように」つくられているので、的確に肌にビタミンCを供給できます。市販なら、メラノCCが良いでしょう。

ただし、皮膚科で処方してもらえる高濃度のビタミンCクリームには勝てないので、本当に治したい方は皮膚科に相談すると良いでしょう。

シミが一気に薄くなる!シミ・シワに効く医薬品『ロスミンローヤル』

シミを本気で治したいなら、化粧品・サプリだけでは不十分。シミを薄くする医薬品の力を借りて、根本からシミを治していく必要があります。

シミに効く医薬品は様々ありますが、その中でも一番オススメなのが『ロスミンローヤル』です。ロスミンローヤルは以下の有効成分でシミを根本から治していきます。

  • Lシステイン…シミの原因「メラニン」の生成を抑え、体外へ排出する美白効果
  • アスコルビン酸…シミの原因「メラニン」の定着を邪魔する美白効果
  • ビタミンB・E…肌の調子を整え、新陳代謝を活性化する
  • 9種類の生薬…肌のターンオーバー(再生)を促進する

この他にも、ロスミンローヤルには合計22種類のシミに効く有効成分が含まれています。これらの有効成分がシミの色素に働きかけ、シミを一気に薄くしていくことが可能です。

更に、ロスミンローヤルは厚生労働省から「小じわ」への効果も認められているので、シミ・シワ同時に対策し、アンチエイジングができます。

日焼け止めを頑張っても、化粧品に気を使っても、それだけでは足りません。厚生労働省から認められた医薬品の力を借りて、身体の内側からシミを治していきましょう。

『ロスミンローヤル』でシミを消す

-未分類

Copyright© シミ対策の教科書 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.